「科学技術アーカイブ」の構築

アーカイブ (archive) とは、重要記録を保存・活用し、未来に伝達することをいう。
日本では一般的に書庫や保存記録と訳されることが多いが、
元来は公記録保管所、または公文書の保存所、履歴などを意味し、
記録を保存しておく場所である。(ウィキペディア(Wikipedia)より)

ここでは、アーカイブに新な内容を限定的に加える。
それが「重要記録」として、科学の発展とそれに携わってきた人々を分野別に記録し、
保存し後世に伝える「科学技術アーカイブ」である。
ソファラっテックの大きな役割の一つをこの「科学技術アーカイブ」とする。
「科学技術アーカイブ」は、分野区分をおこない、
そこに携わっ方々に「重要記憶」を収集して頂くことことで造り出すことにする。
科学技術の重要記憶は、昭和初期から現在までの間とする。
  1. 情報科学
  2. エネルギー科学
  3. 宇宙科学\
  4. xxx
ロードマップの構築中!

討議用掲示板
Return to Home